婚活サイト大手、パートナーエージェント。サービス内容や利用者からの評判などをインタビュー!パートナーエージェントの資料請求も可能です。

「パートナーエージェント@婚活インタビュー」トップページ

5.パートナーエージェントの今後

パートナーエージェント代表取締役社長、佐藤茂氏「他社は本気を出していない。」

パートナーエージェント代表取締役が語る「本気のサービス」

パートナーエージェント代表取締役社長
佐藤茂氏

パートナーエージェント

――パートナーエージェントの今後の展開についてお伺いしたいのですが、会員数であったり満足度であったりといったところだと、どのようなものを。

我々は「会員数」は目指していません。会員数は、お客様が成婚してやめていったら伸びないものですからね。

ですから、やはりパートナーエージェントを選んでいただくという、入会やご登録をいただけるところのシェアを、年内に関東でトップになりたいなと思っています。今おそらく首都圏で3~4位ぐらいのポジションまで来てるので、あともうちょっと頑張ればトップになれるんじゃないかなと思っています。

満足度や結果に関しては、特に具体的な数値目標は作っていなくて、可能な限り100%を目指していく。

――今現在、店舗は新宿・横浜・大宮・千葉と4店舗ですが、今後増やしていく予定はありますか。

まだ決まっていませんが、今年は秋口に首都圏かどこかに1店舗出そうと思ってます。

ホームページで、どこに出店してほしいですかというのを投票式のアンケートやろうかと、さっき冗談で言っていて。

それは藤沢なのか大阪なのか名古屋なのかで、例えば「大阪に1000人集まったら出店します」みたいな形にして、投票してくれた方に「出店します」とメールを流せば初期会員が200人ぐらい集まるから、紹介が出来ると思うんですね。

――確かにそうですね。面白そうです。

設立した当初から、「大阪とか広島とかにできないんですか」といったご要望をいただいています。今でも関東以外には一切広告を出してないですけど、首都圏以外のお客様の資料請求が100~150人ぐらいあるんですね。

――インターネットは全国から利用できますから、関東以外の方も結婚情報サービスの比較サイトを見てパートナーエージェントの存在や実績は知っているでしょうからね。

そうなんですよね。そこは非常にもったいないというか、申し訳ないので、お客様の声のあるところには出店していきたいなと思ってます。

ただ、我々は規模を目指している会社ではなくて、お客様の満足度を上げていく、そしてそれが結果的に売り上げがついてくると思っているんです。

おそらく大阪とか名古屋に出店すれば拡大はできるんですけど、業界の中のポジショニングが3~4位の中途半端な会社が全国展開しても、しょせん3~4位じゃないですか。

僕らはまず関東で1位になって、このナンバーワンのサービスを全国に広げていく、というふうな展開の仕方をしないといけないな、と。

「なんか、ツヴァイやサンマリエに似たような会社がまた出てきたな」みたいな見られ方をされるのが嫌なので、キッチリとここ(関東)で勝利を収めてから全国展開していきたいと思っています。


次のページへ  次ページ 6.婚活を成功させるために